水巻町のかかりつけ医
楠本内科医院
内科 循環器科 腎臓内科 腹膜透析 消化器内科

〒807-0045 福岡県遠賀郡水巻町吉田東2-11-1
TEL:093-201-5121
FAX: 093-201-3753
水巻町のかかりつけ医
楠本内科医院
内科 循環器科 腎臓内科
腹膜透析 消化器内科

TEL:093-201-5121

私、楠本拓生(くすもとたくお)は平成12年久留米大学医学部を卒業後、久留米大学医学部腎臓内科学講座に入局し、初期研修後、公立八女総合病院、聖マリア病院、済生会日田病院を経て再び久留米大学病院に戻り臨床、研究に従事して参りました。その間病棟医長時代にはさまざまな疾患を経験するとともに、医局長時代には組織運営のノウハウを経験致しました。大学病院退職後は平成27年4月より楠本内科医院副院長として腎臓内科、腹膜透析外来を開設したしました。H28年5月より楠本内科医院3代目院長に就任いたしましたので今後は当地域の「かかりつけ医」として内科全般の診療を行ない、みなさまのお役に立てるよう日々診療にあたっております。どうぞよろしくお願い致します。

また、当院では通院できない患者様の訪問診療にも力を入れてまいります。 ご高齢の患者様はいろいろな疾患を同時に診ていく必要がありますがお任せください。

水巻町は私が生まれ育った故郷であり(小学校は吉田小学校です)、地域の皆さまの健康に少しでもお役に立てればこれ以上の喜びはありません。


 楠本内科医院院長 楠本拓生 

当院について

「楠本内科医院」は初代院長:楠本隆が昭和22年に水巻町に開業し、昭和38年に中間市大膳橋に移転、2代目院長(現名誉院長):楠本尚夫が昭和55年3月に現在の水巻町吉田東に移転、H28年より3代目院長:楠本拓生が継承した地域密着型のクリニックです。

これからの超高齢社会においては、病気の早期発見と治療がますます大切になり、さらには病気の予防や健康維持増進といった積極的な取り組みも必要になります。

また、一方で高齢でいろいろなご病気をかかえた場合、介護も含めた総合的なサポートが重要です。当院ではすべての患者様が住みなれた地域で安心して過ごしていただくことができるよう地域のかかりつけ内科として、みなさまのお役に立てるよう日々診療にあたっております。